便秘になる理由のひとつは食生活の乱れ。

便の材料は、おもに食物繊維と腸内細菌(死骸)と未消化の食べ物。

食物繊維は、お米やトウモロコシなどの穀類・野菜・果物・イモ類・きのこ・海藻・豆類とかに入っていて、人の体では消化できないから食べても太らない。

食物繊維は腸内細菌のエサになるので、食物繊維を含む食事をとることが大事なんだよね。

今、多いのが野菜とか海藻とか食べない人。

肉とかジャンクフードばっかり食べていると腸内環境が悪化して便秘になるよ。

肉は、腸内の悪玉菌のエサになるんだよ。

腸内環境を整えるには、善玉菌のエサになる食物繊維を摂取することが大事。

腸内には、常在菌という常に腸に住みつくことができる菌が存在するんだ。

私たちは、腸内環境を良好に保つために乳酸菌やビフィズス菌などをヨーグルトや発酵食品などから摂取しているけれど、食べ物から摂取した菌はいずれ排出されてしまう。

要するに、常在菌以外の菌は常在できないから、食べ物などで摂取し続ける必要があるんだ。

この常在菌の種類や量は幼少期に決まると言われているから、幼少期にどんな食べ物を食べていたのかが大事なんだよ。

食べ物の何がいけないのかというと、保存料とかの添加物だよね。

無農薬や無添加ものを選んで買えればいいんだけど、結構知らない人多いし難しいのが現実なんだけどね。

添加物の取り過ぎは腸内の善玉菌死んじゃうよね。

そうすると、アトピーとか花粉症とかなりやすくなるよね。

肌弱くなっちゃうよね。

最近は、除菌思考が高まってる。

本当によくないよね。

砂場で遊ばせないとか、除菌スプレーなんかの使い過ぎとか、よくないよね。

産まれてからしばらくは悪い菌に気をつけたほうがいいけど、ある程度免疫がついてきたらいろんな菌に触れた生活をしたほうが将来病気にかかりにくくなるから楽だと思うよ。

もちろん、外から帰ったら手洗いうがいはした方がいいけれど。

あと、本当は食事を材料から手作りしたほうがいいんだけど、添加物入りの出来あがったのいっぱい売ってるよね。

小さい頃に自然いっぱいの食事をしてきた人って、大人になっても腸内環境が良好な人が多い。

常在菌がたくさん住んでいるからだよね。

ちなみに腸内環境が良好かどうかを判断するには、便を直接確認すればOKだよ!

バナナのような便が2~3本程度、そんなにいきむことなく毎日スルリと出る状態がいい状態なんだ。

色は黄土色が理想。腐敗してくると黒っぽくなるからね。

毎日出なくても、腸内で腐敗する前に出せばいいようだから、そこはケースばいケースで。

腸内環境が悪い状態だと出るもんもでなくなるし、いきまないと出ない状態だと痔になったり脱腸することもあるし、まずツライし。

だから、食事は大事だよね。