まず運動不足になると、血流が滞って老廃物や毒素が体内に蓄積されるよね。

そうなると疲れやすくなっていろんなことが面倒になるし、調子が悪くなるからよくないよね。

便秘と運動不足の関係はというと、便をする時にはある程度の筋肉を必要とするよね。

おもに腹筋を使うと思うんだけど、腹筋に力を入れることができなくなるくらい筋肉が落ちてしまっている人は意外に多いみたい。

だから、腹筋が弱い人は腹筋をまず鍛えることが大事だよね。

痩せてる人とか、女性に多いみたい。

便秘と腹筋の関係って考えた事ない人多いと思うけど、便秘対策には腹筋の力が大事なんだよ。

次に、便秘とストレスの関係についてなんだけど、腸の蠕動運動は自律神経が関係しているわけで、自律神経とストレスは大きく関係しているんだよね。

過敏性腸症候群っていう症状を聞いたことがある人はけっこう多いと思うんだけど、緊張したりするとお腹が痛くなってトイレに駆け込んだりする人とか、過敏性腸症候群の人が多いよね。

逆にストレスで腸が動かなくなることもあって、便秘と下痢を繰り返すのがこの症状の特徴なんだけど、便秘も下痢も腸内環境が悪いことが原因なんだ。

ここからが大事なんだけど、幸せホルモンと言われるセロトニンのほとんどは腸で作られるんだ。

もし、腸内環境が悪いと作られるもんも作られなくなる。

そうすると、幸せを感じにくくなるよね。

気分が上がらないと、楽しめるもんも楽しめないから性格も暗くなるかもしれないし、ネガティブ発言も増えるかもしれない。

そうなると無駄に不満を抱えてストレスたまりやすくなるよね。

ストレスたまると自律神経が乱れるよね。

過敏性腸症候群は、そうゆう過程を経てなるんだと思うんだよ。

実際、自分がそうだったからよくわかる。

もちろん、生活環境や性格も関係しているけどね。

さらに、免疫細胞のほとんどは腸に集結していて、大半の免疫細胞が腸で作られるんだ。

だから腸内環境を良好に保つことこそが、精神の安定と病気になりにくくするために相当大事になるんだよ。

さらに言えば、便秘が続くと再度便の中の養分が吸収されるから無駄に太るよ。

実際、ドカ食いしても便になった分を次の日に全部出してしまえば太んないんだよね。

ただ、自分では全部出たと思っていても、出切ってない場合はあるからそこが厄介なんだけど。

ということで、今まで便秘を軽く見ていた人は快便生活に励んでみてほしいな。

いろんなことがプラスに働きだすと思うんだ。