便秘をすぐに解消するには便秘茶がいい!ただし成分に注目するべし

ポイント

便秘が招くマイナスなことは様々ありますが、とりあえず今溜まっている宿便を全部出したいと思いませんか?

そんな時におすすめしたいのが便秘茶です。

便秘には便秘薬?

便秘になったら便秘薬を服用する人は多いと思います。

確かに便秘薬の効果がすごいですが、便秘薬を飲むとほぼ下痢便になりますよね。

急にお腹が痛くなって、腸がギュルル~と動いて痛みと共に出るという感じだと思います。

それこそ食中毒の時のツラさの一歩手前くらいツライと感じる人も多いのではないでしょうか。

腹痛を我慢し、トイレが近くにない不安になる状態です。

便秘薬の力はそれくらい強力で、それに耐えられるなら便秘薬を選択するのもありだと思います。

しかし、便秘薬を常用することだけは絶対におすすめできません。

便秘薬を常用するとどうなる?

まず、便秘薬を常用すると効き目が弱くなるので、薬の量が増えるでしょう。

便秘薬を飲んで下痢になると栄養の吸収が十分に行われなくなり、肌荒れ起こしたり体調にも影響してきます。

便秘薬がないとお通じが来ない状態は、決してよいとは言えません。

便秘薬よりも便秘茶がgood!

便秘薬よりも、肌荒れを防いでくれる栄養成分が配合されている「便秘茶」をおすすめします。

便秘茶の場合は自然なお通じが来やすいですし、肌荒れを起こさないように、お肌が喜ぶ成分が入っている便秘茶が多いです。

ただ、便秘茶にも人それぞれ合う合わないがありますので、安く試せるお試し便秘茶から始めてみるのがおすすめです。

便秘茶には大抵キャンドルブッシュ(別名ゴールデンキャンドル)という植物が配合されていますが、この植物が腸の神経を刺激して蠕動運動を促す成分になります。

便秘薬には蠕動運動を促す「センナ」という植物が入っていますが、センナは効き目が強力だと認識していいでしょう。

たまにセンナの茎(薬機法でセンナは薬のみ使用可能で茎だけはお茶にも配合していい)が入っている便秘茶もあるので、成分表を確認してキャンドルブッシュ・食物繊維・お肌にいい成分が入っている便秘茶を選ぶのがおすすめです。

便秘茶は効き目が調整できる

蒸らす時間で効き目が調整できるのも便秘茶のいいところです。

MAXレベルの濃さは、センナ入りの便秘薬に及ぶ効き目がある場合が多いので注意が必要です。

初めて飲む場合は、効き過ぎてしまうことも考えて休みの日の前日の夜に飲むことをおすすめします。

カフェインが入っていない便秘茶であれば、夜寝る前に飲んで寝れば、朝に便意がくるはずです。

便秘茶を飲んで毎日快便を目指す!

便秘に気をつけても出ない時は出ないからどうしようもない・・・。

そんな時に頼りになるのが便秘茶です。

便秘放置している人は、大腸の辺りが固くなっていると思います。

女性の場合はクビレがなくなっているでしょう。

便秘は治ればクビレが出現してスタイルもよく見えるので、便秘は放置せずに便秘茶を飲んで毎日快便を目指していきましょう!