酵素ドリンクの飲み方を自家製と購入品に分けて紹介!

飲み物

酵素ドリンクは、自分で作った自家製と市販やネットで購入した品では、根本的な違いがあります。

今回は、その違いとそれぞれに適した飲み方を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

酵素ドリンクの飲み方を自家製と購入品に分けて紹介

酵素ドリンクを自分で作られる方が増えていますが、その理由のひとつは活きた酵素を摂取できるからです。

販売されている酵素ドリンクは、法律で熱殺菌することが義務づけられているため、活きた酵素が入っていません。(例外あり)

酵素は熱に弱いという特徴があり、およそ48度以上の熱で失活してしまいます。

酵素ドリンクの自家製と購入品の違いは活きた酵素が入っているかいないかです。

このような理由から、酵素ドリンクは自家製か購入品で飲み方を変えたほうが効果的です。

➡販売されている酵素ドリンクを飲む目的はこちらにまとめてあります。

自家製の酵素ドリンクの飲み方

自家製酵素ドリンク
酵素ドリンクは野菜・果物・野草などをスライスしたり細かく刻んだりしたものに砂糖を加え、熟成発酵させて作ります。

この時、野菜などに付着している酵母菌が砂糖を餌にして増殖します。

この酵母菌は非常に栄養価が高いため、酵素ドリンクを作る方は酵母菌の摂取も目的としています。

生の果物や野菜は、刻まれて細胞が切断された際に酵素を発生させ、自己消化を始めます。

こうして酵素と酵母菌たっぷりの酵素ドリンクが出来上がります。

自家製であれば酵素が活きているので、食事と一緒に飲むことで食べた物の消化を助けると共に、体内で合成される消化酵素の節約をすることができます。

よって、自家製の酵素ドリンクは、食前や食事中、食後すぐに少量(20~40㏄程度)飲むといいでしょう。

よく、食べ物に入っている消化酵素は胃酸で分解されるので意味がないと言われていますが、胃酸で分解されることはありません。

酵素が胃酸で分解されないことは、『日本の酵素栄養学第一人者』の鶴見隆史医師が断言しておられます。

購入した酵素ドリンクの飲み方

前述したように、販売されている酵素ドリンクには、消化酵素が入っていません。

よって、食事中に飲んでも消化を助けてくれません。

消化を助けてくれないばかりか、いつもの食事にプラスして飲めば、基本的に太ってしまうでしょう。

ダイエットして痩せたいなら、食事と置き換えて飲んだり、ファスティングする際の栄養補給に活用するのが効果的です。

ただ、痩せている方が普段の栄養補給やお通じ改善のために飲むのであれば、食事と一緒でも問題ありません。

酵素ドリンクと食事を置き換えると、消化しなくていいので消化酵素の節約ができ、代謝が活性化します。

代謝が活性化すると、老廃物や宿便などの排出が促されるので、結果的に体重が減ったり体が元気になってきます。

このように、ファスティングや毒抜きのために酵素ドリンクを活用される方がたくさんいらっしゃいます。

いまだ、酵素ドリンクの人気は衰えていません。

おすすめの酵素ドリンクはこれ!

酵素ドリンクは一時期ブームを向かえ、たくさんの酵素ドリンクが世の中に出回りました。

ブームが過ぎ去って、酵素ドリンクの人気が薄れていると思われている今、残っているのはほぼ本物と言われる酵素ドリンクだけです。

本物の酵素ドリンクとは、原料が野菜や果物そのもので、保存料や添加物が入っていない100%酵素原液で作られた酵素ドリンクのことです。

その中でも、当サイト管理人がおすすめしたいのは、優光泉です。

本物の酵素ドリンクはいくつかありますが、1本1万円くらいしたりします。

そんな中で、優光泉は断トツでリーズナブルなんです。

しかも、返金保証もついているという、酵素ドリンク界では希少なサービスも展開しています。

詳しく知りたい方は、優光泉の公式サイトを確認してみてください。

\優光泉の公式サイトはこちら/優光泉

世の中には市販のジュースと変わらないのに、高い値段で販売している商品もあるんです。

本物を購入しないとお金の無駄遣いになってしまいますからね。